5人の日本人から見える国民性とは?内村鑑三『代表的日本人』の感想


こんにちはshunです!

今回はこちらの本を読了したので、紹介したいと思います。

『代表的日本人』内村鑑三 岩波文庫

⇒Amazonで見る

内村鑑三は日本史を勉強したことのある人にとってはおなじみの人物ですね。

内村鑑三の『代表的日本人』は三大日本人論の一冊としても取り上げられることがあります。三大日本人論は以下の三冊のことを指します。

・内村鑑三 『代表的日本人』

・新渡戸稲造 『武士道』

・岡倉天心 『茶の本』

それでは早速、内村鑑三『代表的日本人』のあらすじや感想について紹介していきます。

『代表的日本人』あらすじ/要約

『代表的日本人』を一言で要約すると「内村鑑三が日本人として尊敬している5人について解説した本」です。

本書『代表的日本人』で内村鑑三が紹介しているのは以下の5人です。

・西郷隆盛

・上杉鷹山

・二宮尊徳

・中江藤樹

・日蓮

これらの人物がどうして「代表的日本人」なのか。

5人の人物を通じて、日本人の精神性を諸外国の人に向けて紹介した本が、内村鑑三の『代表的日本人』です。

内村鑑三という人物

内村鑑三はキリスト教の指導者として有名です。日本史を勉強してきた人にとっては「不敬事件」の方が印象に残っているという人も多いかもしれません。

内村鑑三のキリスト教へ考え方は、従来のキリスト教徒の考え方とは少し異なっていました。

内村鑑三は無教会主義の立場に立っていました。無教会主義とはすなわち、キリスト教徒は教会に行かなくてもキリストと関わることができるという考え方を指します。

そんな内村鑑三だからこそ本書『代表的日本人』を書くことが可能だったのではないでしょうか。

日本人としての国民性をより鮮明に書き出し、外国人にも理解させるためには、日本人を客観的に見る必要があります。

アメリカへの留学経験があり外国と日本の違いに精通していた内村鑑三。

そんな彼が書くことによって、日本人の国民性をより鮮やかに描き出すことに成功したのです。

上杉鷹山

代表的日本人の1人として、ここでは上杉鷹山を取り上げてみたいと思います。

上杉鷹山は米沢藩の藩主として藩の復興に力を入れて取り組んだ人物です。

著者である内村鑑三は上杉鷹山の藩の統治の仕方と徹底的な倹約を評価していました。

まず藩の統治の仕方ですが、上杉鷹山は民を非常に重んじて生活していたと言われています。

上杉鷹山は「民をいたわること、我が体の傷のごとくせよ」という言葉を生涯大切にしました。常に民がより良い生活をするためにはどのようなことが必要なのかを考え、行動していました。

上の立場になると、民を侮蔑するような人も多い中、上杉鷹山は常に民のことを考え、敬意を持って接していたと言われています。

また、上杉鷹山は徹底的に倹約を行いました。

上の立場になったからといって奢るようなそぶりは全く見せず、藩主が住むとは思えないほどの小さな家に住んでいました。

財政が苦しい班を救うために、自らも徹底的に倹約することで藩の復興に取り組んだのです。

『代表的日本人』感想/まとめ

内村鑑三の考える代表的日本人、それは天に導かれた改革者です。

『代表的日本人』では、「」という言葉が頻繁に登場します。ここでいう「天」とは「超越的で普遍的な存在」のことを指すのでしょう。

「天」からの声に従って、改革を行ったであろう5人を内村鑑三は取り上げているということになるのでしょう。この辺はかなり宗教色が伺えますね。

内容自体は非常に明快で、読みやすいです。5人それぞれのエピソードも面白いので、すぐ読めてしまうかと思います。

気になった方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

それではまた〜。

<記事で触れた書籍一覧>

『代表的日本人』内村鑑三 岩波文庫

⇒Amazonで見る

<関連記事>

「東京は雪が降りました。雪の表現方法・オノマトペを考える。」

「日本独自の美意識「いき」とは?九鬼周造『「いき」の構造』」