ゲームポケモン「オメガルビー」英語版で外国語を使って冒険した!!


新年明けましておめでとうございます!

正月といえば、みかんを食べて、こたつに入ってゴロゴロ…ムクッと起き上がり、またみかんを…

今年の正月ゴロゴロしながら、ゲームポケモンシリーズ「オメガルビー・アルファサファイア(ORAS)」を英語版でやってみました。それがすっごく楽しいので、紹介してみます。

 

ポケモン英語版ストーリー!

以前はポケモンの言語を変えるなんて思いもつかず、というか、そもそも同じソフトの中で言語変えれなかった気がします。

そんなわけで言語設定をいじったことなど無かったのですが、ゲームを何周かしていると飽きがきてしまうもので、特にルビーは小学生の時に時計が止まるまでプレイしていたので(笑)、フラっと言語設定を変えてみました。

先にことわっておきますが、ポケモンのストーリーを外国語でやったくらいで、外国語が喋れるようになるとかそんなことはないです。僕は外国語学習は素人ですが、多分あってると思います。

ただ、僕自身新鮮で楽しく英語に触れられたので、みなさんが普段とは違う視点でモノが見えたり、英語嫌いが少しでも解消できたりするきっかけになれば、これ以上のことはありません。

まずは始まりの街から、ストーリの序盤の方だけちょこっと紹介します。

Littleroot Town(ミシロタウン)

さて、シリーズ恒例の博士の説明が始まりました。ルビー・サファイアですので、オダマキ博士です。

オダマキ博士:Hi! Sorry to keep you waiting!Welcome to the world of Pokemon.My name is BIRCH.

But everyone calls me the Pokemon Professor …

〜やぁ!お待たせ!ポケモンの世界へようこそ。私はオダマキだ。(BIRCHは樺の木らしいですが笑)皆からはポケモン博士と呼ばれておる。〜

と始まるわけです。勝手に訳したんですが、この口調だとオダマキと言うよりオーキド博士ですね。皆もポケモン、ゲットじゃぞ〜

感想としては、最初が結構キツイ。画面切り替わるのが自動で、しかも早いので。

そして名前を決めた後、本格的にストーリーが始まります。主人公(今回Yutakaです。)が、ミシロタウンに引っ越してくるところから物語が始まります。

お母さん:Yutaka! You’re here at last!

〜豊!やっと着いたのねー〜

お母さんや隣の家のライバルと会話したり、ゆっくりと話は進んでいきます。

主人公のお父さんはジムリーダーを、ライバルのお父さんはポケモン博士をやっています。といったような情報が会話でわかってきます。ここつまんないので省略します。

そしてあの博士救出イベントです。

オダマキ博士:H-help me!

博士は野生のポチエナに襲われています。彼のバッグからモンスターボールに入っているポケモンを選び、ポケモンバトルでポチエナを倒します。

TreeckoとTorchicとMudkipです。なんとなくどれがどれだがわかるのではないでしょうか?

おそらく、Treecko(キモリ)・Torchic(アチャモ)・Mudkip(ミズゴロウ)ですね。さらに、Torch(たいまつ)とChick(ひよこ)なのでしょう。

気になったので、残り2匹も調べてみました。

Mudkip←mudskipper(ムツゴロウ)

Treecko←tree/gecko(ヤモリ)みたいです!

僕はこのストーリー10回目くらいですが、いつもアチャモなので、今回もアチャモを選びました。Torchicです。

博士救出後、コトキタウンへ向かいます。

Oldale Town(コトキタウン)

ここではポケモンを回復させる「ポケモンセンター」、モンスターボールや回復グッズ等を購入できる「フレンドリーショップ」が登場します。

 

ここではショップ定員との会話やらポケセンのジョーイさんとの会話を載せておきます。

店員さん:Welcome to the Poke Mart!

May I help you?

主人公の選択肢は、Buy・ Sell・ NoThanks!です。

きずぐすりにカーソルを合わせますと、その説明がでてきます。

Potion:A spray-type medicine for treating wounds. It can be used to restore 20 HP to an injured Pokemon.

20HP回復できるアイテムです。

店員さん:Is there anything else I may do for you?
Please come again!

〜他に何かお手伝いできること(ご用件)があれば。またどうぞ!〜

ポケモンセンター

続いてはポケモンセンターです。

ジョーイさん:Hello,and welcome to the Pokemon Center.

Would you like to rest your Pokemon?
OKI’ll take your Pokemon  for a few seconds,then.

Thank you for waiting

We’ve restored your Pokemon to full health

We hope to see you again

〜ポケモンセンターへようこそ。

あなたのポケモンを休ませてあげますか?

かしこまりました。しばらくお待ちください。

お待たせしました。あなたのポケモンはすっかり良くなりましたよ

またお待ちしております。〜

ジョーイさん風に訳してみました笑

英語版ポケモンの感想…

ポケモン名や街の名前などの単語レベルから、ストーリ中の会話まで新鮮で意外と楽しめるものです。

これは、英語を楽しむ方法としてオススメです!

ピーマン単体で食べれない人向けのピーマンの肉詰めのような(?)、英語が苦手な、嫌いな方でも英語に触れる機会の1つとして、学習のお役に立てればと思います。

あ、僕も英語学習頑張ってきます!それでは!

 

ps.ここでは英語版しか紹介しませんでしたが、ポケモンはもちろん他の多くの外国語も対応しています。ドイツ語でやりたい方はぜひぜひ!ちなみにドイツ語ではキモリはGeckabor(Gecko/arbor)アチャモはFlemmli、ミズゴロウはHydropiですよ!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です