繊細な少年の破滅の物語!ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』あらすじ

車輪の下

こんにちはshun(@bookstyle_book)です!

今回はこちらの本を読了したので、紹介していきます。

車輪の下

『車輪の下』ヘルマン・ヘッセ 岩波文庫

⇒Amazonで見る

ヘッセの他の著書は、別記事で紹介しています。ぜひ読んでみてください。

本書『車輪の下』は、著者であるヘッセの少年時代の体験をもとに書かれたと言われています。

それでは早速、ヘッセの『車輪の下』あらすじと感想を紹介していきます。

以下、一部本のネタバレになる内容が含まれています。ご了承ください。

『車輪の下』あらすじ/要約

『車輪の下』とは?

ヘルマン・ヘッセの『車輪の下』は、「一人のエリート少年の破滅の物語」です。

ドイツ、シュヴァルツヴァルト。

ここに一人の少年がいました。名前は、ハンス・ギーベンラート

ハンスは父親と生活をしています。母親は既に他界しています。

ハンスは町始まって以来の秀才と名高い、いわゆるエリート少年でした。

ハンスは周囲からの期待を背負い、必死に勉強します。

必死の勉強は功を奏します。ハンスは超難関の神学校に入学することになります。

入学した神学校の中で、ハンスは同級生ハイルナーと運命の出会いをします。

エリート少年

ドイツの田舎町で淡々と勉強をする少年ハンス。

町始まって以来の秀才」と呼ばれていたハンスは、当然周囲から期待される人物でした。

ハンスの年齢は本書『車輪の下』には詳しく記載されていません。

著者であるヘッセをもとに考慮すると、13~15歳あたりだったと考えられます。

ハンスは少しでも周囲の期待に応えようとします。

勉強以外にはすることがないという極端な生活。

まるで機械のように淡々と勉強をする毎日。

ハンスの心は自分が気づかないうちに蝕まれてしまっていました。

猛勉強の末、ハンスは超難関と呼ばれていた神学校に2位の成績で入学します。

ハンスは周囲からの期待に応えて見せたのでした。

運命の出会い

超難関な試験を乗り越え、やっとの思いで神学校に入学したハンス。

ハンスは神学校で生活を送ることになります。

しかし、憧れの神学校の生活は苦痛に満ちたものでした。

神学校では、典型的な詰め込み教育が行われていました。

寄宿舎でも、非常に規則が厳しく、自由が統制されていました。

そんな中で、ハンスは同級生であるハイルナーに出会います。

ハイルナーはハンスとは正反対の人物です。

ハイルナーは生命力が強く、自然を愛する人物です。規則の厳しい神学校では異色とも言えます。

今まで勉強することしかすることがなかったハンスは、ハイルナーの自由さに惹かれていきます。

『車輪の下』感想/まとめ

ヘッセが本書『車輪の下』を執筆したのは今から100年以上も昔。

しかし、ヘッセが少年時代に抱えた悩みは、現代でも存在し続けています。

親は自分の子どもが将来苦労せずに済むために、子どもに勉強を強要します。

それは子どものことを思っているからこそ、そのような行為に及んでしまうのでしょう。

一方で子どもは、親や親戚の期待に少しでも応えるために必死に勉強します。

勉強して勉強して勉強する。

いざ気がついてハッとした時、自分はなんのために勉強しているのか、わからなくなります。

将来を少しでも明るくするという目的で始めた勉強によって、自身の将来を暗くしてしまう。

皮肉という言葉は、本書『車輪の下』にこそ相応しい言葉だと読んでいて感じました。

総評

・オススメ度★★★★★

・読みやすさ★★★★☆

気になった方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

それではまた〜。

<記事で触れた書籍一覧>

車輪の下

『車輪の下』ヘルマン・ヘッセ 岩波文庫

⇒Amazonで見る