『終の住処』/磯崎憲一郎を読んで。諦念感溢れる夫婦を読み解く

『終の住処』

こんにちはshunです。

今回はこちらの本を読了したので、紹介していきます。

『終の住処』

『終の住処』

『終の住処』磯崎憲一郎 新潮文庫

⇒Amazonで見る

今回は『終の住処』について紹介します。余談ですが、皆さんは『終の住処』の読み方わかりますか?正しくは「ついのすみか」だそうで、自分は最初読めませんでした。

『終の住処』には以下の2つの小説が収録されています。

・『終の住処』

・『ペナント』

表題の『終の住処』は2009年に第141回芥川賞を受賞しています。今回は芥川賞を受賞した『終の住処』のほうを主に取り上げながらあらすじや自身の感想などについて紹介していきたいと思います。

『終の住処』の要約/あらすじ

物語の主人公である「彼」は30代になり、妻と結婚します。しかし、2人には20代の恋愛に負け、そしてなんとなく結婚してしまったというような雰囲気を醸し出しています。

そんな「彼」はその後、ダメだとわかっているのにも関わらず、複数の女性と関係を持ってしまうようになります。「彼」は離婚を決断しようとしますが、そんな時妻から妊娠したという知らせを受けます。

そんな「彼」ですが、ある出来事をきっかけに妻と11年間も話さなくなってしまいます。その11年間は子供を通してしか「妻」とはコミュニケーションをしませんでした。

その後、子供は親元を離れ、「彼」は自分が建てた家で「妻」と人生を終えることになることに気づかされるといった内容です。

この『終の住処』は結婚すれば世の中のすべてが違って見えるかもしれない考えていた「彼」を中心として描かれている1冊です。本全体には諦念の感情が溢れています。

不本意な結婚

『終の住処』に登場する「彼」と「妻」も30代になり、ある種の諦念感を持って結婚しています。2人の恋愛に関する具体的なエピソードは記載されていませんが、2人とも20代で失恋をし、お互いに言わば「妥協」をすることで結婚をしました。

『終の住処』には2人が愛し合っているような記述も、結婚をしたくてしたというような記述もありません。

「彼」の「妻」は「彼」に対してこんなことを言っています。

「別れようと思えば、私たちはいつだって別れられるのよ」(p21)

この辺りから「彼」も「妻」もお互いに強い関心がないことがわかります。2人は結婚という制度を取っていますが、2人を結びつけているのは制度くらいであり、お互いの精神は依存せずに独立しあっています。

妻の不機嫌の謎

「妻の不機嫌の原因」がこの『終の住処』の中でも主要なテーマです。「妻」は本文冒頭から終始不機嫌です。その原因は明記されていません。

「彼」は妻がいるのにも関わらず、複数の女性と関係を持ってしまいます。そして「彼」は浮気していることが「妻」にバレてしまっていて、そのせいで「妻」は不機嫌なのではないかと考えます。

しかし、「彼」が他の女性と関係を持つ前から「妻」は不機嫌でした。そうなると、時制的に順序がおかしくなります。

普通なら「彼」が浮気をする→「妻」がそれを知って不機嫌になるという流れのはずです。

ですが、今回は「妻」が浮気を知って不機嫌になる→「彼」が浮気をするというような流れになっていて、どうも時間の前後関係がおかしくなってしまうのです。普通では考えられないことが起きていることになります。

常識では考えられない事態を彼は次のように考えています。

しかし、永遠の時間、過去・現在・未来いずれかの時間のなかで、確実に起こることならば、ひとりの女といえどもそれを予め知ることが不可能だなどと誰が言えるだろうか?(p63)

「彼」は、「妻」が未来を予め知っていたせいで、不機嫌であるという可能性もありうるのではないかと考えていたのです。

『終の住処』終わりに/感想

『終の住処』のテーマでもある、「妻の不機嫌の原因」ですが、「妻」が「彼」の浮気を知らなかったのではないかというのが私の考えです。「妻」は諦念感から「彼」に対して言動を行っただけでなのではないでしょうか。

それでも、「彼」が浮気しているのがバレているではないかと考えているのは、浮気をしたことによる彼自身の罪悪感から生じたものなのではないかと私は感じます。

浮気は法律に違反するものではありませんが、モラル的にはよくないことです。浮気した後は、常に妻に浮気がバレているのではないかと警戒しなくてはならないため、自分自身の精神を消耗させていってしまいまい、「妻」が自分の浮気に気づいているというような錯覚に陥ったのではないでしょうか。

同じように罪を犯した人の心理描写を『罪と罰』などとも似通っているなと個人的には感じました。『罪と罰』は浮気ではなく殺人なので、本当に罪なのですが(笑)。

罪を一回犯した人間は「いつかバレてしまうのではないか」と常に考えなくてはならず、その罪を一生ひた隠しにして生き続けなければならないという点を教えてくれるものとして、『終の住処』と『罪と罰』の両者は似通ったものなのではないかと思いました。

それではまた〜。

<記事で触れた書籍一覧>

『終の住処』

『終の住処』

『終の住処』磯崎憲一郎 新潮文庫

⇒Amazonで見る

『罪と罰』

『罪と罰』

『罪と罰』ドストエフスキー 新潮文庫

⇒Amazonで見る

<関連記事>

「第34回芥川賞!庄野潤三『プールサイド小景・静物』感想/あらすじ」

「第114回芥川賞受賞!又吉栄喜『豚の報い』の感想/あらすじ」

「複雑な人間関係を読み解く!芥川受賞小説/中上健次『岬』」

「第136回芥川賞『ひとり日和』/青山七恵|あらすじと感想を紹介」

「安部公房『壁~S・カルマ氏の犯罪』(新潮文庫)の感想とあらすじ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です