古典こそ至高!ショウペンハウエル『読書について』を簡単に要約

読書について

こんにちはshunです!

今回はこちらの本を読了したので、紹介したいと思います。

読書について

『読書について』ショウペンハウエル 岩波文庫

⇒Amazonで見る

 

それでは早速、ショウペンハウエル『読書について』のあらすじや感想について紹介していきたいと思います。

『読書について』あらすじ/要約

『読書について』を一言で簡単に要約するのであれば、「筆者であるショウペンハウエルの読書の仕方や読むべき本について記載された本」です。

詳しい内容は本書を読んでいただきたいのですが、ショウペンハウエルによると、私たちは受動的に読書しているそうです。

私たちのほとんどは、筆者の主張を受け入れながら読書しています。

しかし、ショウペンハウエルによると、その読書方法はあまり良くないのだそうです。

『読書について』では、読書をするとき、どのような姿勢でほんと向き合うべきなのかについてショウペンハウエル自身の見解が述べられています。

また、大量の本が書店に陳列されている中で、どのような本を選ぶべきなのかについても独自の見解を述べています。

受動的な読書を防ぐには

ショウペンハウエルは受動的な読書をしないように読者に語りかけています。

それでは、そもそも受動的な読書とはどのような読書の仕方を指すのでしょうか。

受動的な読書とは「本を読む前に自分自身の考えなどを全く整理しないまま、本を読み始めてしまうこと」を指します。

自分自身の考えを持たないまま、読書をするということはその本の著者の考えに従属することとほぼ同義です。

しかし、それでは知識は断片的なものになってしまうし、深い理解に繋がることもありません。

本の中で疑問点が出てきた場合でも、自分自身の考えがないとそれに気づくことすらできないのです。それはせっかく本を読んでいるのに非常にもったいないです。

ショウペンハウエルは、受動的な読書を防ぐために、自分の頭で思想の軸を持つことが重要だと述べています。

自分が持っているその思想の軸は必ずしも合っていなくても良いのです。問題は自分の考えをしっかり持っているかどうかなのです。

自分の思想を読書の際に意識していないと、どうしても本の著者の思想に引き込まれてしまいます。そもそも読書自体、情報は一方的に筆者か読者に伝わるため受動的になりやすく、意識しないと常に受動的な読書になってしまいます。

一見するとショウペンハウエルのこの対策は簡単に見えますが、実際に継続して行うことは難しいです。

言うは易く行うは難しとはまさにこのことです。

匿名の卑劣さ

ショウペンハウエルは匿名についても否定的な考えを持っています。

例えばですが、本の著者はペンネームであったとしても、基本的には名前を公表しています。これは本に限らず絵画でもなんでもそうですよね。

インターネットやSNSを見ると、多くの匿名の人々が特定の人に対して悪質な誹謗中傷をしています。ネット上で、悪質な誹謗中傷が蔓延しているのもネットに匿名性があるからに他なりません。

もし仮に、自分の名前や住所などがネット上で公開されるように義務付けられたとしたら、悪質な誹謗中傷をネット上に書き込む人は減少するでしょう。

匿名だし自分の情報が漏れることがないから、それを尻目に卑劣な誹謗中傷をするのです。

個人的には匿名であっても、本の著者やその他の人々のことを肯定するような意見であれば、別に問題はないと思います。しかし、否定的な意見は匿名で言うべきではありません。

匿名で悪質な発言をする人々はただ、悪質な誹謗中傷を受けている人々を見て、ストレスを解消したいだけなのだとショウペンハウエルは『読書について』で述べています。

また、基本的には匿名で批判されるのはインフルエンサーやスポーツ選手など、認知度が高い人が多く、そのような人々に対する嫉妬心もあるのかもしれません。

本に関しても同じことが言えます。

もちろん、本の中にも、自分に合わない本があることは当然ですし、読んでいてつまらない本も中にはあるはずです。

しかし、だからと言って匿名で本の著者を中傷することはフェアじゃありません。

著者本人を目の前にして言えないことはネット上で匿名で言うべきではないはずです。

匿名は確かに便利な時もありますが、使い分けを場面によってもっと考えていかなければならないのでしょう。

『読書について』感想/まとめ

ある種の思想を持つことと、その思想に相反する思想を受け入れることは両立できるのではないかと『読書について』を読んで感じました。

確かに、ショウペンハウエルの言う通り、受動的な読書で得られるものは少ないような気がします。

受動的な読書をすることは考えることを放棄し、筆者の主張に従属することに他ならないのですから。

しかし、確固とした自分の主張を持ち、その思想と相反する思想は全く受け入れないというのも同じくあまりよくないように思えるのです。

本を読む前にある一定の自分の考えを持ち、本を読みながらその思想について考える。そこで自分が間違っていれば、執着せずに新しい考えを取り込むことが重要なように思えます。

本書『読書について』では、そこまで記載はされていませんが、もしかしたらショウペンハウエルはそのような読書の仕方こそ理想的な読書の方法だと考えていたのかもしれません。

また、一つ本を読んでいて、気になったのが「古典」の定義についてです。

ショウペンハウエルは古典が良書だとして勧めていますが、古典の定義は一体なんなのでしょうか。それがいまいち理解できなかったので、もう少し説明があればよかったと思いました。

読書を普段している人、そしてこれから読書を初めてみようと考えている人は一読の価値はあるかと思います。

ページ数もそれほど多くないので、読みやすいですよ。

それではまた〜。

<記事で触れた書籍一覧>

読書について

『読書について』ショウペンハウエル 岩波文庫

⇒Amazonで見る

<関連記事>

「「本vs電子書籍!」Kindleのレビューとおすすめの使い分けを紹介」