阿刀田 高『旧約聖書を知っていますか』(新潮文庫)あらすじ/感想

『旧約聖書を知っていますか』

こんにちはshunです!

今回はこちらの本を読了したので、紹介していきます。

『旧約聖書を知っていますか』

『旧約聖書を知っていますか』阿刀田 高  新潮文庫

⇒Amazonで見る

『聖書』について皆さんはどのようなイメージを持っていますか?自分の中では『聖書』のイメージは以下のようなものでした。

・かなり内容が難解で数回読んでも理解できない

・分厚くて読む気を失いそう

本屋などで販売されている『聖書』はかなりの分厚さです。

特別な信仰を持っていない人にとっては「読んでみたいけど、どうしても読む勇気が起きない一冊」なのではないのでしょうか。

そんな悩みを解消する本が『旧約聖書を知っていますか』です。

『旧約聖書を知っていますか』の要約/あらすじ

『旧約聖書を知っていますか』はタイトル通りではありますが、旧約聖書をわかりやすく解説した本です。

目次は以下の通りになっています。

1英雄アブラハム/2子沢山のヤコブ/3奇跡の人モーセ/4有能なヨシュア/5サムソンの謎/6ダビデの熱い血/7ソロモンの光と影/8アダムの肋骨/9逃亡者ヨナ/10ヨブは泣き叫ぶ/11預言者二人/12エピローグするめ風味

また、付録として、旧約聖書を理解する上で重要な中東の地図も収録されています。

この本は旧約聖書の背景知識が全くなかった自分でも読めるくらい整理されています。

旧約聖書の全てをこれ1冊で理解することは難しいのかもしれませんが、旧約聖書の大筋を理解するにはもってこいの1冊です。

著者である阿刀田 高さんはキリスト教の信者ではありません。

宗教に対しての偏見が少なく、現実味のない事柄に関しては現実味がないと明確に述べている点も魅力の一つです。

ノアの方舟

皆さんは「ノアの方舟」という言葉を聞いたことはありますか?ノアの方舟という言葉を聞いたことがないという人はあまりいないのではないでしょうか?

しかし、「ノアの方舟って何に登場するの?」という質問や「そもそもノアの方舟って何?」という質問に明快に回答できる人は少ないかもしれません。

ノアの方舟の物語は旧約聖書に登場します。知恵の実を食べたことで有名なアダムとエヴァの子供、セトの末裔がノアなのです。

ノアが生きていた当時、人々は悪事ばかり働いていました。

それを見た神は嘆き、もう一度地上の世界を作り直すことにします。

人々の中でもノアの一族だけは悪事を働かず、神を敬っていました。それを見た神がノアに命じて大きな船を作らせ、一族や動物を乗せて海へ出発します。

その後、長く激しい雨が地上に降り注ぎ、地上にいた人や生き物は全て溺死してしまいます。船に乗っていたノアの一族たちだけが生き残り、ノアたちはその後地上へ降り立つことができました。

この伝説をノアの方舟と言います。

ダビデ像の秘密

本書『旧約聖書を知っていますか』を読むまで自分が知らなかったエピソードをもう1つ紹介したいと思います。

それは「ダビデ」に関するものです。

ダビデと言われれば真っ先に思いつくのがダビデ像なのではないでしょうか。

ダビデ像

ダビデ像
出典:https://ja.wikipedia.org/wik

ミケランジェロが製作したこのダビデ像を知らないという方は少ないでしょう。

この「ダビデ」も旧約聖書の中に登場する人物です。

ダビデはもともと羊飼いの少年でした。

当時、初代のイスラエル王であるサウルが次第に神を軽視するようになってきていました。

預言者であったサムエルはそれに危機感を抱き、神のお告げにより羊飼いのダビデに油を注ぎました。

油をそそぐというのは、支配者であることを公式に認められた際に行われる儀式のようなものです。

その後、ダビデはサウル王の側近となります。当時イスラエルはペリシテ人と戦争状態にあり、ダビデはそこで巨人ゴリアテをを倒し、サウル王からの信頼を強固なものにします。

先ほどのダビデ像はミケランジェロによるものですが、ダビデの肩には石があります。これは巨人ゴリアテを倒すために持っていた石です。

ヴェロッキオが製作したダビデ像には足下に巨人ゴリアテの首が転がっています。

ダビデ像

ダビデはサウル王が死んだ後、2代目のイスラエル王として君臨したと言われています。

『旧約聖書を知っていますか』終わりに/感想

今まで旧約聖書の内容に関して無知だったので、本書『旧約聖書を知っていますか』で多くの新しい知識を得ることができました。

中東の政治情勢などにも宗教は大きく関与しています。改めてですが、宗教を勉強することの重要性に本書『旧約聖書を知っていますか』読んで気づかされました。

余談でしたが、先日上野にあるブリューゲル展に行ってきました。

別に旧約聖書のことは全く意識していませんでした。

しかしイエスやマリアの絵が出てきたり、先ほど紹介したノアの方舟の絵やバベルの塔の絵が登場したりと、本書『旧約聖書を知っていますか』を読んだからこそ理解できるような絵も多くありました。

やはり西洋の絵は聖書なしに理解することは難しいのかもそれません。

そのような意味でも、本書『旧約聖書を知っていますか』を読めたことは貴重だったと考えています。

気になった方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

それではまた〜。

<記事で触れた書籍一覧>

『旧約聖書を知っていますか』

『旧約聖書を知っていますか』

『旧約聖書を知っていますか』阿刀田 高  新潮文庫

⇒Amazonで見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です