退屈しない世界史!マクニール『世界史』のあらすじを5分で紹介


こんにちはshunです!

今回はこちらの本を読了したので、紹介します。

『世界史 上』ウィリアム・H・マクニール 中公文庫

⇒Amazonで見る

『世界史 下』ウィリアム・H・マクニール 中公文庫

⇒Amazonで見る

世界史好きな方にとってはお馴染みのウィリアム・H・マクニール。ウィリアム・H・マクニールが執筆した『世界史』は40年間に渡って、本屋に置かれ続けています。

そんなウィリアム・H・マクニールの『世界史』についてあらすじや感想について紹介したいと思います。

『世界史』あらすじ/要約

『戦争の世界史』や『疫病と世界史』でお馴染みの歴史家、ウィリアム・H・マクニール。

そんなマクニールの中でも、最も有名な本が今回読んだ『世界史』です。

今まで世界史や日本史の教科書を読んでいて、退屈に感じた事はなかったでしょうか。

基本的に、現在の高校の日本史や世界史の教科書は大学受験に備えて、網羅性を高めています。

しかし、教科書には分量の制限もあるため、結果として、用語集と思ってしまうくらい用語で埋まっています。

そんな世界史の教科書とは、マクニール『世界史』は一線を画しています。

マクニールの『世界史』は退屈だったはずの世界史を興味深く学ぶことができます。

アルファベットの誕生

『世界史』の著者であるウィリアム・H・マクニールによれば、アルファベットの正確な誕生の年代は不明だそうです。しかし、紀元前1300年ごろには既にシリアなどで普及していたと言われています。

アルファベットが誕生するまでに、文字という概念はなかったという訳ではありません。アルファベットが誕生するまでに、文字という文化が実在しました。

しかし、文字を使用することができたのは、ごく一部の人々に限られました。当時文字はかなり複雑なものであったため、使用できるようになるには、長年学校に通う必要があったと言われています。

アルファベットが誕生したのは、東地中海沿岸地域です。当時、そこには学校などの文字を教えるような教育機関は存在しなかったために、住民の人々は文字を使用するためには、自分たちで何か文字を簡略する方法を見出す必要にかられました。

まさに必要は文明の母です。

アルファベットの誕生によって、誰でもたった30文字程度で情報を交わすことが可能になります。文字の革命は文化と財を促進させることに繋がったのです。

アフリカが出遅れた理由

近代において、西洋やアメリカが覇権を握ったことは周知の事実です。

しかし、それではどうして西洋とアメリカだけが覇権を握ることに成功したのでしょうか。

アフリカはその西洋やアメリカに植民地にされたという過去があります。

しかし、もっと時代を遡れば、アフリカのエジプトは世界の四大文明として栄えた国でもあるはずです。

何が原因で、アフリカは西洋に出遅れることになったのでしょうか。

マクニールによると、その原因は主に3つあるといいます。

・農耕に適さない気候

・大規模な消耗性疾患

・交通網の不便さ

特に気になったのは最後の交通網の不便さです。

アフリカ大陸は大部分が海面よりも隆起しています。そのため、海上で物資を輸送することは難しかったと言われているのです。

『世界史』感想/まとめ

世界史の本というと、やはり大学受験に特化したものが多いです。

もちろん、大学受験用として扱われている教科書や参考書がどれも退屈なわけではありませんが、中にはただ単に起こった出来事を淡々と並べているだけのものも実在します。

私は世界史を大学受験で使用していないので、世界史に関してはほとんど知識を持ち合わせていませんでした。

何か知的好奇心をくすぐられながら読むことのできる世界史の本はないかと探していたところ、見つけたのがマクニールの『世界史』でした。

マクニールの『世界史』はどうしてその出来事が起こったのかまで明快に表記します。その為、普通の教科書や参考書ではアシルことのできない部分を深く理解できるようになります。

もちろん2冊の本で通史を語る分、記載できる部分は限られてしまいます。

もう既に、世界史の中で学習したい国が見つかっている場合においては、マクニールの『世界史』よりも良書はあるのではないかと思います。分量の関係上、一つの国に割くことのできるページ数は限られているからです、

逆に、大学生や社会人の方で、「退屈しない世界史の本を読みたい」という理由で世界史の本を探しているのであれば、マクニールの『世界史』はおすすめです。

個人的には上巻よりも下巻、すなわち近代の方が記載されている事項が面白いと感じました。

気になった方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

それではまた〜。

<記事で触れた書籍一覧>

『世界史 上』ウィリアム・H・マクニール 中公文庫

⇒Amazonで見る

『世界史 下』ウィリアム・H・マクニール 中公文庫

⇒Amazonで見る

<関連記事>

「導入として最適?『ギリシア神話を知っていますか』の感想/あらすじ」